住みたい!下北沢!

尾崎ランドがあなたのワガママ受け止めます!ご相談ください。あなたが一緒に住みたいペットは?うさぎ?いぬ?ねこ?ハムスター?!

下北沢の歴史

下北沢の歴史(1)

下北沢は今では「若者の街」と呼ばれることが多いですが、そのイメージは時と共に変わってきています。ここでは下北沢の歴史を簡単に辿ってみま~す(*´∀`*)戦前や戦後間もない頃にまで遡れば、萩原朔太郎、坂口安吾、横光利一を初めとする詩人や文豪が集い語らい合い、街全体が文士のサロン的な場であったようです。朔太郎の短編小説「猫町」には下北沢に多かった猫が描かれていますが、室生犀星、井上靖、田村泰次郎、一色次郎なども猫に負けじと下北沢に通ったようです☆坂口安吾は代沢小学校で教鞭をとり、下北周辺の光景は『風と光と二十の私と』に描かれています。学者であり時の流行作家「佐藤弘人(サトウヒロンド)」も下北沢の人でした☆また下北沢は、戦前から将校クラスの軍人や高級官僚が多く住む街でもあって、政治家では佐藤栄作、竹下登、それに戦前の東条英機も含めると、3人もの首相経験者が下北沢に居を構えていたことになります。今も、駅から少し離れると静かな住宅街になっています(・∀・)

下北沢の歴史(2)

多くの若者が集まり始めたのは、70年代半ば以降のことで、ロック、ジャズ、ブルースなどを流すバーが続々と登場。75年に「レディ・ジェーン」「下北沢ロフト」がオープンし、79年に開催された「下北沢音楽祭」が、「若者の街」というイメージを定着させるきっかけとなりました(*´∀`*)下北沢には、その「下北沢音楽祭」にも出演した金子マリ、カルメン・マキをはじめとする多くのロック・アーティストが暮らし、音楽活動を行ってきたという歴史もあります☆現在でもライブハウスやレコード・CDショップの数は増える一方で、音楽はまさしく下北沢の文化を象徴する大きなポイントだといって良いでしょう。そして1982年に元俳優だった本多一夫氏が本多劇場をオープンし、街のあちこちに小劇場を作ってからは、一躍「演劇の街」としても注目されるようになり、その活況は世紀をまたいで今に続いているのは、いうまでもありません(´▽`)

下北沢カレー店巡りっ

下北沢の魅力

下北沢駅に降り立って少し歩いただけで感じますが、なんといっても商店街が多いという印象を受けます(・3・)多いというのか広いというのが正しいのか、形容詞が見つからないほど、街全体が商店街のようでもあります。現在、下北沢には下北沢一番街、しもきた商店街、下北沢東会、下北沢南口商店街などいくつかの商店街組織があり、商店街全体で下北沢の活気を守りつづけているわけです。夏には阿波踊り、音楽祭やフリーマーケットなど、商店街一丸となり、町をあげてのお祭りも行なわれているんですよ。そんな各商店街には古くからの老舗商店も軒を連ね、下北沢の歴史を語る上では欠かせない存在感を放っているのです!老舗店舗にはパン屋や洋食屋さん、安くて美味しい定食屋もあれば、若者向けのカフェや古着屋、美容室などの新しい店舗も並び、その新旧の対比がまた独特の雰囲気を醸し出します(´∀`*)デートや休日の散策にも良いスポットですが、これだけ商店が充実していれば住みたい街ランキングの常連になる理由もわかります。しかも、商店の人たちもみんな温かいんですよ。それは例えば定食屋さんなら料金にも反映されてたりします♪下町の情緒や風情を残しながら、若者の街と呼ばれるようになったワケは、歴史に裏打ちされた人々の温かさなのかもしれませんね(*^_^*)

下北沢の商店街(1)

大昔は農地であった下北沢は、京王と小田急の2路線の「下北沢駅」が開通して以降、商業地域としての大発展を遂げ、現在では、文化施設として代表されるいくつもの小劇場や商店で溢れています。「駅前市場」は終戦直後の闇市を端緒としながらも、50年代から輸入品を扱う店も多かったため、庶民的であると同時におしゃれなイメージももたらし、60年代には「買い物の主婦が主役」の街として新聞で紹介されています☆ジャズ喫茶「マサコ」は、実に50年代半ばからの歴史を持つ店で、当時から文化的な香りを発信していました。70年代に入るとピンクサロンがひしめくようになり、「大都会のピンク街」という呼ばれ方をされた時期もありますが、現在ではその面影はほとんどありません。

下北沢の商店街(2)

多くの若者が集まり始めたのは、70年代半ば以降のことで、ロック、ジャズ、ブルースなどを流すバーが続々と登場。75年に「レディ・ジェーン」「下北沢ロフト」がオープンし、79年に開催された「下北沢音楽祭」が、「若者の街」というイメージを定着させるきっかけとなりました☆下北沢には、その「下北沢音楽祭」にも出演した金子マリ、カルメン・マキをはじめとする多くのロック・アーティストが暮らし、音楽活動を行ってきたという歴史もあります。現在でもライブハウスやレコード・CDショップの数は増える一方で、音楽はまさしく下北沢の文化を象徴する大きなポイントだといってよいでしょう。そして1982年に元俳優だった本多一夫氏が本多劇場をオープンし、街のあちこちに小劇場を作ってからは、一躍「演劇の街」としても注目されるようになり、その活況は世紀をまたいで今に続いています!!

下北沢の商店街(3)

一方、山の手で隋一といわれる御神輿がでることでも有名な北澤八幡、富士塚は取り壊されてしまいましたが針供養などで有名な森巖寺、そして天狗のお面が奉納されている真龍寺など、古くからの伝統を伝える施設も街のあちこちに残っています。こうして下北沢は、数々の変遷を辿りながら、現在のように山の手の下町と呼ばれる、独特の雰囲気を醸し出す雑然とした魅力を放つようになったのです(*^_^*)

下北沢食品市場

下北沢駅は小高い丘を挟んで位置し南口は低く、西口周辺は高い位置にあり、狭隘な街路が入り組むといった地域特性からかって周辺住民を対象とした雑貨屋・古着屋・生地屋等が古くから存在し、コットン・タウンと呼ばれ脚光を浴びた時期もありました☆現在の下北沢の街は、若者が溢れ、音楽と演劇、そしてファッション・雑貨・カフェなどのグルメが軒を並べ、流行だけに左右されない下北沢ならではの魅力を放つパワーがありますよね(´▽`)現在、下北沢は若者の街・ファッションの街に加えて小劇場の求心的な地域として紹介されることが多い街です。新しい店舗の多くは最近のメディア等で集まる客を相手にし、昔ながらの店舗は比較的庶民的な構えのまま残り、新旧が混在している雑多な街です。

下北沢と道路拡張工事

下北沢のあまりの混雑ぶりに、小田急線の高架化や都市計画の一環で駅周辺の道路拡張工事をという話が持ち上げる中、狭い路地にひしめき合って小さなお店が建ち並ぶ様は、戦前から変わらぬ下北沢の特徴とも言われているそうです(´∀`*)北口の駅前には下北沢北口駅前食品市場という戦後の闇市の名残の場所がある。往年の市場の姿をそのままに残している北口駅前市場は、かつては乾物や生鮮食品店を中心に人の波ができ、また'80年代には若者の間で人気を博した衣料品の「アメリカ屋」がブームを起こし、さらに夕方になると、店の軒下に作られる屋台の明かりに吸い寄せられるように集る人々でにぎわっています。

ヴィレバン寄ってこ♪ 柏市を中心に豊富な物件数。ワンルームからファミリータイプ、戸建て、店舗、事務所、駐車場など賃貸物件をお探しでしたら是非柏駅西口の柏ホームにご相談ください。