住みたい!下北沢!

4. 基本的な手洗いなど衛生面に特に気を遣う。フィリピン留学

下北沢といえば?

下北沢と劇場

下北沢といえば?と聞かれれば、真っ先に「劇場の街」や「劇団員の街」というイメージがわくほど、下北沢は小劇場がたくさんあります。劇場規模が本多劇場より小さい分、若手や新進気鋭の劇団公演が多いのかもしれませんね♪そして『下北沢ザ・スズナリ』。これは現在言われる下北沢小劇場の中でもっとも早く建設され、今日の下北沢演劇ブームの出発点といわれている劇場です。外観は下北沢のムードを最も醸し出しており、下北沢駅からは少々離れているものの、劇場の1階を飲食店街にするなどの試みも影響してか人が絶えることはありません。他にも「劇」小劇場など、下北沢にはこれだけの小劇場が立ち並び、まさに「小劇場の街」と言われる所以になっているんです(・∀・)劇場ごとに公演される演目や使用する劇団もさまざまで、箱の狭い劇場で実験的な演劇を公演する劇団もいれば、全国で公演するような大劇団が本多劇場で公演することも普通です。必然的に、下北沢には劇団員や役者を志す若者たちが溢れ、住みたくても住めないという人も多くいるのが実情のようですね☆

下北沢を代表する劇場

例を上げれば、下北沢の代表的な劇場で駅の近くに位置する『本多劇場』。駐車場を備える劇場である事からも、その存在感は強烈です。それも当然!!!本多グループでは最大規模の演劇場だそうで、それを下北沢に建設した意気も感じられますよね(´∀`*)次に『駅前劇場』。文字通り「下北沢駅」の目の前に位置し、毎日劇団によってあらゆるジャンルの演劇が公演されています。このように下北沢には今でも大小たくさんの劇場が存在するし、下北沢から巣立っていった役者や劇団が数知れずであることに異論を唱える人はいないのでは!?そして、何事もそうであるように、下北沢にだって「演劇の街」となる始まりがあるんです☆

「ザ・スズナリ」

南口を出て、茶沢通りを東北沢方面へと進むと、ちょうどカーブの膨らみのあたりに突然昭和レトロな二階建ての建物が見えて来ます。「鈴なり横丁」と読めるネオン管のすぐ下の、真っ黒な看板の上を白く踊るカタカナに目をこらすと・・・。「ザ・スズナリ」・・・、下北沢を「演劇の街」と言わしめるきっかけとなった劇場です。「ザ・スズナリ」の創立は30年前。今でも7つの劇場を擁するここ下北沢において、一番古くからある劇場です。ということは「ザ・スズナリ」が産声を上げた瞬間に、「演劇の街、下北沢」も誕生したことになりますよね♪

「ザ・スズナリ」の歴史

スズナリが鎮座する建物自体の歴史は半世紀近くに及び、もとはアパートだった二階部分を改良して劇場にしたそうです!一階部分には当時のままの造りで小さな飲み屋さんが密集しています。ただ古いだけでなく歴史の当事者としての威厳を兼ね備えた劇場は、いつしか演劇人なら一度は立ってみたいステージとなりました。事務所も当時の和室の匂いをそのままに残しており、下北沢の演劇界を根底から支えてくれているような印象を抱いてしまいます。かといって「ザ・スズナリ」は過度に偉ぶったりはしません。演目を制限したりせずに、常にノンジャンルで門戸を開放し、毎日さまざまなお芝居が公演されています。下北沢に演劇を産み落としただけありますよね!

下北沢カレー店巡りっ

下北沢と古着

下北沢と聞いて頭をよぎるのは劇団や学生って人も多いと思います。古くから残る街並みと文化に密接にもたれかかる住民というイメージですが、実は原宿、裏原宿、表参道と並んで、ファッションの街としても有名となっている下北沢。若者の間では下北系ファッションとも呼ばれ、雑誌やショップでも特集が組まれるなど、今やファッションの発信地となりつつあります。下北沢には古着屋がかなり多く存在し、下北ファッションを愛する若者たちも古着系の服を上手く合わせるような着こなしが目に浮かびますね。古着好きにはたまりません(*´∀`*)メインストリートにも商店街にも1つ路地を入った小道にも、ファッションSHOPが立ち並んでいるので、もしかすると下北沢に住んでいる人は自然とそういうファッションになるのかもしれませんね♪

下北沢の古着屋の特徴

下北沢の古着屋は、ショップによって仕入れられる古着のコンセプトも違うので、いろんなお店に出入りして、自分流のスタイルを見つけることこそが下北沢流なのです。インターネットでも「下北沢 古着」と検索すると、さまざまな情報がHITするので、訪れるまえには雑誌やインターネットで下調べしておくといいかもしれません(´∀`*)下北沢の住民じゃなくても、ファッションの流行をもとめて大勢の人が下北沢に足を運んで来ます。そうした人々は、車で来るには道も狭く、通れない路地も多いので向いてはいませんが、非常に便利なことに京王電鉄と小田急電鉄に下北沢駅があるので、来訪者の大勢を今日も電車が運んでいます☆

おススメ下北沢の古着屋コース

ここでは下北沢の古着屋めぐりでお勧めの歩き方をお伝えします(*´∀`*)

(1)西口から出る
井の頭線の方ですね。メインとは言い難いこの出口からでるだけで、もうすでに通っぽい感じです(笑)
(2)まずは「BIG TIME」に行く
BIG TIMEは、関東に5店舗を展開する古着屋チェーンの一つ。アイテムごとに品揃えが豊富で、特にアメリカンなアイテムが充実しています。ベーシックなアイテムが手頃な値段が手に入るので、まずはここを見ておきましょう。どちらかと言えば、男性向けのお店です。
(3)次に、「BIG RUBY」に行く
実はここから一旦、下北沢駅北口方面に向かいます。すると上の看板があるので入ってください。ポップでキュートなジャパニーズ古着が豊富で、可愛ければなんでいいじゃん!と言わんばかりの品揃え。値段もかなり安いです。お客さんの9割5分は女性。古着が好きと公言する女性なら、必ず惹かれるはず。
(4)最後に、泣く子も黙る「HAIGHT&ASHBURY」へ行く
日本全国から評判を聞きつけて訪れる客が後を断たない名店があります、それが「HAIGHT&ASHBURY」です。ベッキーや上戸彩といった女性タレントから、モデルの花楓、人気俳優渡部豪太、そしてテリー伊藤までも虜にする驚愕のラインナップ。スタイリスト御用達の質の高さ、セレクトの確実さはもちろんのことながら、値段はいたって良心的なのが凄いです☆ただここに行くだけでは「通」ぶれないので、事前に何回か通って、店員さんと仲良くなっておきましょう。皆とてもフレンドリーなのですぐに名前を覚えてくれるし、楽しくお喋りしてくれますよ♪
ヴィレバン寄ってこ♪